減損会計とは|賃貸等不動産の時価注記の事なら愛知不動産鑑定所へ【全国対応】

減損会計とは

減損会計とは

減損会計とは資産の収益性が低下して投資額の回収が見込めなくなった場合に、 その価値の下落を帳簿価格に反映させることをいいます。 例えば、1億円で買った不動産の価値が7000万円まで価値が下がった場合、 3000万円特別損失を計上し、帳簿価格を7000万円にします。

判断基準

当該資産から得られる割引前将来キャッシュフローの総額が帳簿価額を下回る場合に行う。

測定方法
  • 正味売却価格
  • 収益還元価格

のいずれか高いほうの価格と帳簿価格の差額

不動産鑑定士による減損の測定

不動産鑑定士はこの減損の測定を、以下の2通りの方法で行うこともできます。

その1 正味売却価格を求めるとき

不動産鑑定評価基準による不動産鑑定評価

その2 それ以外及び上記の場合であっても重要でない場合

不動産鑑定評価基準によらない価格調査も可能

お問い合わせはこちら