注記要否の判断基準|賃貸等不動産の時価注記の事なら愛知不動産鑑定所へ【全国対応】

注記要否の判断基準

注記が必要かの判断基準

賃貸等不動産がある場合でも、注記の省略が可能な場合もあります。 注記が必要かどうかの判断は、以下の流れで確認することができます。

注記が必要無い場合

賃貸等不動産の総額に重要性が乏しい場合には注記が省略できることから、全ての不動産に対して鑑定評価を行う必要はありません。
この場合はみなし時価算定を行い、賃貸等不動産の時価を査定することにより、総額に関する重要性の判断を行います。

注記が必要な場合

賃貸等不動産の総額に重要性があると認められた場合、注記することになります。
このうち個々の賃貸不動産について重要性がある場合は、原則的時価算定を、重要性が乏しい場合はみなし時価算定をそれぞれ行うことになります。
賃貸等不動産の特性に応じた算定方法を用いて、賃貸等不動産の評価を行います。

»詳しい算定の流れはこちら

お問い合わせはこちら